先に指名されてしまった

事前に下調べをしておいたキャバクラに遊びに行った時のことです。
店内に入ると先客が居ました。その先客は、自分が指名しようと思っていた女の子をまさかの本指名。
まさに鼻の差・・・こればかりは仕方ないとはいえ、運が悪いなと思いました。

でも、そこで引き返すのはなんだか馬鹿馬鹿しい。
それなりに楽しみにしていたので、目当てのキャバクラ嬢ではないとしても楽しもうと思い、フリーで入ることにしました。

運が悪いと思いきや、むしろ幸運だった

むしろ運がよかった

フリーで付いてくれたキャバクラ嬢は抜群のスタイルと愛嬌でした。
視線が釘付けとなってしまうぐらいとても大きな胸、チラりと見えるその谷間、それにマイペースな感じで、のほほんとした雰囲気は自分の理想の女性そのものでした。

キャバクラでセクシーな衣装はそこまで珍しいものではないんですが、あれだけ抜群のスタイルだとさすがにちょっと緊張してしまいました(笑)さらに彼女とのトークは、楽しくもあり、ちょっとした恋人気分に浸れるような甘い内容のコミュニケーション。お店にいる間はずっと彼女に心を鷲掴みにされていました。

この日は男として求めているものをたっぷりと刺激してもらった貴重な時間になったのではないかなと思います。
またこの抜群のスタイルの女の子と会いたいなって思いつつ、その日の幸運を噛みしめたのでした。