同じお店に通い続ける良さに気が付いて

気が向いた時にキャバクラへ足を運び、行先のお店は毎回同じではなくその時の気分次第。
今まではそんな感じで自由気ままに遊んでいました。

しかし、最近は同じお店に足を運ぶ機会が増えています。
というのも、同じお店に通い続けることのメリットや楽しさが分かってきたからです。

例えば、何度も通っていると、自分のことをスタッフの人が覚えてくれます。
そのうち、軽い雑談などをするようになり、そのキャバクラ店の有益な情報などを教えてくれるようなことも。その日の女の子の出勤状況とか、それまで自分が指名した女の子の動向とか、おすすめの女の子を紹介してくれるなんてこともありましたね。

常連ならではの特別なこと

常連になると優遇されること

顔馴染みになることによって、お店の人から信頼のある有益な情報を教えて貰えるようになります。
これは数回行った程度では、決して得られない情報です。

男性スタッフと仲良くなっていくにつれ、常連になってきたなあと実感すると共に、自分も身内になれたような感じがして、なんだか嬉しい気持ちになってきます。もちろんお店で働く女の子もこちらのことを覚えてくれて、名前で呼んでくれたり、いつも頼んでるお酒を言わなくても注文してくれたりなど一見にはない特別感を味わうことができます。

会話もこちらのことを知ってるからこそできる話などを楽しめます。
だから今では常連としてキャバクラを楽しむのも全然有りかなって思うようになりました。